Skip to content

免疫力と乳酸菌生産物質

腸内の免疫力が乳酸菌生産物質によって高められる。

と言うことは自分や家族で実感することが出来ました。

でも人に勧める時に大変なのでもっとネットで調べてみることにしました。

乳酸菌と乳酸菌生産物質の大きな違いは乳酸菌が菌そのものなのに対してm」乳酸菌生産物質はそれら乳酸菌が発酵するときに出来る物質だという事です。

生きた菌ではないので、乳酸菌のように胃酸やその他の物質によって死んでしまうことがない。

という事です。

また乳酸菌が整腸作用があるように、乳酸菌生産物質には、腸管内の免疫作用を強く高める作用がある。

という事でした。

なので、最近では、アレルギーや糖尿病、アトピーなどの病気に効果があることが判ってきましたし、お肌にも効果が(これは体調がよくなったからかもしれません)有るようでした。

このように色々な効果が発見されているようですし、これからも新しい効果が発見されるかもしれない、という事でした。

ますます興味がわいてきました。

これだけ効果が有れば乳酸菌は必要なくて、乳酸菌生産物質だけを採っていれば良いのでしょうか?

勿論乳酸菌生産物質だけで済めば非常に楽です。

もとは一緒、とはいえ、乳酸菌と乳酸菌生産物質では効果が違うところも沢山あります。

どちらも医学的に安全だと証明されているので、できれば両方使う方がいいと思います。

どちらもサプリメントが出ているので、両方それで取るか、乳酸菌はヨーグルトや、チーズ、納豆などの発酵食品からとって乳酸菌生産物質はサプリで取る、と言う方法もあるでしょう。

元々は菌とそれを発酵した残り、とはいえ、どちらも私たちの体内、特に腸内の環境を整える作用のある大切なものなので、バランスよく体に取り入れることが大事だと思います。

これから広く知られていくものだと思いますが、私個人の感想ですが、ヨーグルトのようにただ変な番号や記号を付けられても一般の人にはどんな効果があるのか判らないので、もっと一目で効果が判る名前にしてほしい、と思います。