Skip to content

私の父が乳酸菌生産物質を勧めてみようと思います

最近、実家の父が、よる年波か腸の働きが悪くなってきたようで、よく下痢をするようになったと言うので、早速父にも乳酸菌生産物質を取ることを勧めてみました。

今度も、妻の時に輪をかけて年寄りの父に説明をしても乳酸菌と乳酸菌生産物質がどう違うのか、理解させるのに大変苦労をしました。

特に自分の息子が言うことなど端から信じないようなところがあります。

この時代の人に共通しているのかはわかりませんが、同じようなことを学校の先生やお医者さんだとすぐに信じてしまいます。

このような世代もまだまだ元気なので、是非とももっと効果が判りやすい製品名にしてもらうと助かります。

わたしの父は幸いにしつこい私たち夫婦の説明攻撃に使ってみることになり、結果的に腸の様子がよかったのを感じてやっと納得してくれましたが、もっと気軽に理解してもらえるような広まり方をしてほしいものだと思いました。

まだまだ新しいものに否定的だったり、疑心暗鬼になる人も世の中には多いと思います。

今は使用し始めたばかりなので、効果は劇的には表れてはいませんが、以前に比べて腸の状態も良くなってきたと感じ始めているようで、しばらく使ってみると言っていました。

年齢や個人差などもあるでしょうが、製薬会社で開発した薬などとは違って副作用みたいなものは気にすることが無く使えるので、乳酸菌生産物質は気軽に進めることができると思います。

乳酸菌と乳酸菌生産物質の違いさえ理解してもらうことが出来れば、もっと多くの人が使うことになると思います。

ネットで評判が広がれば、テレビやラジオなどでももっと取り上げれれることになり、みんなが理解しやすくなると思います。

せっかく自分自身で試してみて効果が実感できて人に勧めてみようと思っても、実用品販売の人ではないので、うまく説明が出来ません。

もっと乳酸菌生産物質をみんなに知ってもらって多くの人がお腹の調子や病気を治して健康になってもらいたいと思っています。

早くそうなれば良いですね。